1995年 12月 前身の棚田支援市民ネットワーク設立
1996年 4月 会報「棚田に吹く風」第1号発行
5月 「棚田ツアー in 松之山」を開催
1997年 4月 長野県「八坂村田んぼプログラム」開始
8月 「棚田・夏期特別セミナー(松代)」を開催
1998年 4月 千葉県「鴨川コース」開始
新潟県「松之山コース」開始
1999年 4月 事務所を新宿区市谷柳町「新・浪漫亭」2階に開設
5月 「連続講座・棚田」を開催
2000年 1月 第1回総会を開催
5月 第2期「連続講座・棚田」を開催
2001年 4月 「アースデイ2001」に出展
「棚田の学校」(第3期・連続講座棚田)を開催
6月 「鴨川サミットの企画を勝手に考える会」(鴨川サミット勝手連)がスタート
2002年 2月 名称を「棚田ネットワーク」に変更
8月 東京都より特定非営利活動法人の認証を受ける
第8回全国棚田サミット(千葉県鴨川市)に参加
2003年 7月 「佐渡プログラム」(トキ餌場ボランティアツアー)を実施(~2014)
12月  第5回エコプロダクツ展に初めて出展
2004年 10月 事務所を新宿区西新宿に移転
2005年 5月 「愛・地球博(愛知万博)」に出展
6月 栃木県「茂木とんぼプロジェクト」開始
10月 会報誌のカラー印刷を開始
12月 第7回エコプロダクツ展に出展(~2011まで主としてNPOコーナーで単独出展)
2006年 11月 アストラゼネカ社「高齢化する村を応援するプロジェクト」に協力(~2010年)
第1回東京棚田フェスティバル(飯田橋)を開催
2007年 4月 「棚田ビオトープ・プロジェクト岐阜恵那」がスタート
8月  「棚田ボランティア説明会」を開催
11月 第2回東京棚田フェスティバル(有楽町)を開催
2008年 4月 丸の内さえずり館ギャラリー展示とトーク企画「棚田~知ろう、食べよう、行ってみよう!」を開催
調査プロジェクトスタート。全国30カ所の棚田地域を訪問し聞き取り調査(~2011年)
10月 第14回全国棚田サミット(長崎県長崎市・雲仙市)に参加
11月 第3回東京棚田フェスティバル(恵比寿)を開催
2009年 5月 棚田ネットワーク体験田(茂木町)の米づくり体験バスツアーを開始
6月 環境ボランティア見本市に出展
10月 「棚田応援米マーク」を発表
11月 第4回東京棚田フェスティバル(青山)を開催
2010年 5月 会報誌リニューアル、B5版フルカラー印刷になる
7月 環境ボランティア見本市2010に出展
8月 西武百貨店「こころのふるさと 棚田・里山展」を開催
11月 第5回東京棚田フェスティバル(青山・国連大学)を開催
パートナーシップ賞を受賞
 

 

 

2011年

4月 丸の内さえずり館企画展示「棚田は守るべきなのか?」を開催
6月 調査報告書が完成
11月 ボランティア見本市2011に出展
第6回東京棚田フェスティバル(水道橋)を開催
 

 

 

2012年

3月 石部・昔ながらのお米づくりプロジェクトがスタート。第1回・復田チャレンジ(松崎)
5月 アースデーマーケット、ファーマーズマーケットに出店
11月 「旧暦棚田ごよみ」の企画・制作。販売開始。(~現在)
12月 第14回エコプロダクツ展に棚田関連6団体で共同出展(~2013)
 

 

2013年

2月 新宿区「まちの先生見本市」に参加(~現在)
3月 事務局長訪欧(国際交流基金・日本スペイン交流四百周年記念企画の一つ)
10月 「棚田百貨堂」WEBサイトオープン
 

2014年

5月/9月 日立製作所ボランティアセミナーを茂木の田んぼ・里山で実施
12月 第16回エコプロダクツ展に棚田関連14団体で共同出展
 

 

2015年

5月 棚田体験川代プロジェクト(千葉・鴨川)がスタート
12月 第17回エコプロダクツ展に棚田関連14団体で「日本の棚田共同展示コーナー」開設
12月 棚田ネットワーク設立20周年
 

 

 

2016年

2月 新ホームページ・運用開始
3月 セミナー「旧暦のリズムで棚田を味わう」開催
5月  会報「棚田に吹く風」100号記念号を発行
10月 東京都より「認定NPO法人」としての認証を取得
11月 棚田ネットワーク設立20周年事業「棚田ガイドブック」(仮称)編集開始