棚田の注目すべき点は、一つの特徴的な機能ではなく、人や環境にとって、さまざまに有益な「多面的な機能」があるところだといわれます。代表的な機能として、「食糧生産」「保水」「洪水調整」「国土保全」「生態系保全」「保険休養」などがあげられます。

 

食糧生産機能

おいしいお米を作ります!
米を作る生産の場として見れば効率が低いといわれますが、棚田の米が美味しく、上質米であることは以下のような一般的な根拠があります。

ハザ掛け
  1. 平坦地の水田に比べ昼夜の温度差が大きいため、稲がゆっくりと熟する。
  2. 水源に近いため、水の中に微量元素を多く含み、また汚れが少ない。
  3. 土地が狭いのでコンバインで収穫・脱穀して籾を機械乾燥できないため、籾がついた稲束をはさ掛け(天日乾燥、はざ、とも言う)にすることが多く、程良く乾燥する。

また、美しい風景や豊かな自然環境の中で作られるお米が、棚田米ブランドとして都市の消費者に徐々に認知され始めています。

 

水源かん養・保水機能

豊かな水資源を貯えます!
日本の水資源が豊かなのは、森林や棚田の保水機能があるからだといわれています。日本はたくさんの雨が降りますが、河川が外国に比べて滝のような急傾斜で、国土の70%を占める山地に降った雨は自然のままだと、すぐに海へ無駄に流れてしまいます。ですから、干ばつになれば、私たちや動植物が利用する水がすぐに国土になくなってしまいます。しかし、日本は森林の保水力に加え、多くの棚田が溜池や用水路などの灌漑施設を経由して水を貯え、その水がゆっくりと河川に戻ったり、浸透して地下水(水源かん養)となったりして、私たちが利用する水が常に国土に保たれているのです。

hosuikino2

 

国土保全機能

地すべり防止、土砂崩壊防止、土壌侵食防止!
棚田は、地すべり地帯に拓かれることが多く、新たな「地すべり」や「土砂崩れ」の防止をするといわれます。地すべりは、厚い粘土層に覆われた山間傾斜地などで、雨水が地下に浸透して発生します。棚田は、田起こしや代かきなどの作業によって耕盤と呼ばれる土層を作り、地下への浸透水を減らします。ですから、棚田が耕作放棄されると、耕盤が乾燥して亀裂が生じ、雪融けや大雨の時などに大量の水がこの亀裂から地下に浸透して、地すべりを誘発することがあるのです。また、棚田は水を溜めるために水平にして畦畔を設けます。これが、海外の山なりの耕作地に深刻な被害を及ぼしている「土壌侵食」の防止につながっているとも考えられています。

 

生物多様性・生態系保全機能

豊かな動植物を育みます!

平地の大きな田んぼでは、コンクリート製の近代的な用水路と排水路が別々に作られていることが多く、水の流れは一方通行で、一旦排水路に流れ出た水は同じ田んぼに再び戻ることはありません。これに対して、棚田地域では、用水と排水を兼ねた水路や、土で作られた水路や畦畔が残っていて、生き物が成長に応じて田んぼと水路を行ったり来たりすることが可能です。また、溜池や湿田などの水たまりも多く、周囲の自然環境との補完性、水質の良さなどの理由から、多種多様な小動物、昆虫、植物が複雑な生態系を築き上げていいるのです。