和歌山県 農業農村整備課より「わかやまの棚田・段々畑サミット」のレポートが届いています。

第3回わかやまの棚田・段々畑サミットが開催されました。

和歌山県が実施しているサミット県内版【わかやまの棚田・段々畑サミット】が9月2~3日、和歌山県橋本市で開かれました。
3年目となる今回は、大山千枚田保存会・石田三示理事長による基調講演「農山村の未来図~都市農村を結ぶ活動から」があり、2日目の 現地見学会は柱本地区の芋谷の棚田でした。地元柱本小学校の生徒さんたちによる棚田をバックにした野外合唱も人気でイベント全体では約400名の参加者で賑わったそうです。(kamy)
詳細はこちらをご欄下さい。
%e4%bf%ae%e6%ad%a3%e7%89%88%ef%bc%bf%e5%92%8c%e6%ad%8c%e5%b1%b1%e7%9c%8c%e6%a3%9a%e7%94%b0%e3%82%b5%e3%83%9f%e3%83%83%e3%83%88%e5%a0%b1%e5%91%8a